歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にも複数存在し

投稿者:

また、糖尿病の患者は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が改善することがありますので、これを根拠として歯周病が糖尿病を悪化させるのではないかと推測されています。

血糖値が高くても自覚することができませんので、糖尿病に罹患していても気付けなくて当たり前なのですが、歯の定期検診によって血糖値が高いことに気付くことが珍しくありません。

糖尿病に限った話ではなく、口腔内の健康は全身の状態に密接なつながりがあるという話もよく聞きますので、ブラッシングは時間をかけて行うようにしましょう。

インプラントとは、簡単に説明すると顎の骨に人工歯根をつけ、そこに人工の歯を植える。

虫歯や歯周病が原因で歯がなくなってしまったところに人工の歯の根っこをつけ、その上に人工の歯を取り付けるわけです。

インプラントは健康保険の適用外であるため治療費が全額自己負担になるので、1本あたりの相場は20万円~45万円になるのも珍しくありません。

みなさんは高いと思っているのではないかと思いますが、インプラントは導入だけでも投資がかなり必要なので、致し方ないところもあります。

インプラントの利点は、ブリッジの技術とは異なり、歯や歯茎にかかる負担を少なくすることが可能な点です。

患者本位の経営をしている歯医者であればちゃんとお金がかかることを説明してくれますので、早まらず理解できるまで話を聞いて、納得してからお金を払いましょう。

フッ素の入った歯磨き剤を娘に使うのは危険かも、と心配をする親御さんがたくさんいます。

そのワケは、フッ素を標準より多く摂ってしまうと、斑状歯やフッ素中毒などの病態が出るかもしれないので、とのことです。

フッ素は、常識を超えるような多量のフッ化物を含む飲料を飲んだら、歯の状態に悪影響が出る可能性があるということは、海外でも統一見解です。

ですから、換言すると、歯磨き剤から摂取する程度の量であるならば、あんまり気にする必要はないというのが普通ですから問題ありません。

反対に、フッ素を使用しているということが言い訳になり、ついつい油断してしまい、食事に甘美な食べ物を多く食べさせてしまう方が問題です。

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人がすがる思いで利用するのがホワイトニングです。

ホワイトニングは自分で何もしなくていいという方法もありますが、自分の家で自力で行うホームホワイトニングという方法もあります。